イントロダクション

戦車と犬と人間が織りなす壮絶バトル!

RPGの楽しさの大部分をしめるバトル。『メタルマックス2:リローデッド』は、数々のRPGのエッセンスをギュッと濃縮したバトルのシステムを搭載している。最大の特徴は、カスタマイズした戦車やバギーといった"クルマ"に乗り込んで戦うことができる点。クルマに積める兵器は、広範囲を攻撃できたり、炎や冷気など、属性でダメージを与えるものなど、じつに多彩。大砲ならば、砲弾の種類を変えることで、より効果的な戦い方も可能だ。また、バイクでは搭乗者の手持ちの武器で攻撃ができる。さらにクルマは同じ車両に何人も乗り込んで人数分の攻撃をすることも可能だ。状況に合わせたクルマの運用が勝利へのカギとなるぞ。もちろん、シリーズを通して登場する"犬"も大活躍! 専用の武器だけではなく、タンクやバイクなどの乗り物装備も存在。オートで戦ってくれるので、プレイヤーのピンチを救ってくれる……かもしれない? かわいくて頼もしい仲間だ。

自由自在なクルマのカスタマイズ

『メタルマックス』シリーズと言えば、戦車! 荒廃した世界で、凶悪なモンスターと戦い賞金を稼ぐには、クルマが必需品。戦いに特化した戦車はもちろん、スポーツカーからバイク、バス、???なものまで、キミの改造魂を揺さぶる車種が存分に用意されている。大砲やミサイルなどの兵器や、積載量を決めるエンジン、回避や命中率が変化するCユニットなど、多彩なパーツを選んで組み立てよう。それぞれのパーツを細かく改造することも可能だぞ。また、シャシーを進化させることで、砲塔や機銃がハリネズミのように設置できたり、エンジンやCユニットをふたつ搭載できる車種も存在! こだわり抜いたクルマで、ひと稼ぎしようぜ!!

荒廃した世界が生む世界観と、胸を熱くさせるドラマ

『メタルマックス2:リローデッド』の世界は、文明が崩壊してしまったサバイバルな世界。生き残った人々は、前文明の英知の名残を工夫しながら、再利用して生活をしている。プレイヤーはこの荒廃した世界で、凶悪なモンスターや、ならず者たちを倒して賞金を稼ぎながら物語を体験していくことになる。
育ての親を殺された復讐劇をメインのストーリーとしつつ、サイドのシナリオとして、多彩なクエストやドラマがキミを待っているぞ。
ストーリーを手がけるのは、シリーズでおなじみの『メタルマックス』の生みの親、宮岡寛氏。
街の人々の意味深な会話から、思わず唸ってしまう選択肢に至るまで、節々に"宮岡節"が行き渡る濃厚なストーリーをご堪能あれ!

ネタバレ注意!『メタルマックス』シリーズに欠かせないオブジェクト……ドラム缶!

長い歴史を持つ『メタルマックス』シリーズにおいて、現在まで語り継がれているオブジェクトがある。それこそが、ゲームのそこかしこに登場する"ドラム缶"である。町や村に単なるオブジェクトとして置かれているドラム缶が、なぜ、象徴と呼ばれるほどにプレイヤーたちを魅了したのか? それを知るには『メタルマックス2』のとあるイベントまで遡らなければならない。

そのイベントとは、とある町に主人公が監禁されてしまうというショッキングな内容。来る日も来る日も、看守にドラム缶を左右に押す作業を強制され、プレイヤーは次第に不安を覚え始める。「本当にこの作業をくり返していていいのだろうか?」、「ほかに何か見落としているヒントはないのか?」。当時のプレイヤーたちは、疑心暗鬼になりながらもドラム缶を押す作業に没頭し、とある方法で解放されるまで、その作業と自己問答を続けることとなる。日本のRPG史上でも過酷なイベントとして知られるこの"ドラム缶押し"は、当時のプレイヤーたちの心に深く刻まれ、現在でも語り草となっているのである。

こういった経緯もあり、ドラム缶は後の作品でも頻繁に登場し、グッズ化されたりもする『メタルマックス』シリーズの愛すべき象徴となったのだ。

もちろん『メタルマックス2:リローデッド』でも、このドラム缶押しイベントは存在。あのステキな徒労感をタップリ体験できるイベントが再び蘇る!

ゲーム中にはドラム缶押しのイベントを引き立たせる人物や会話が数多く用意されている。
最初は意味が分からなくても、イベント後には、思わず頷いてしまうものばかり。そこかしこにあるドラム缶エピソードを聴いていると、過酷だったはずのあの作業が、何か懐かしいものと思えてくる……ハズ!?

最後にみなさんへ、この言葉を贈ろう。
「…押しても、いいんだぜ!
なつかしいドラム缶をよ!」
【お問い合わせ】角川ゲームス ユーザーサポート(エンターブレイン)
[METAL MAX][メタルマックス]は、株式会社KADOKAWAの登録商標です。
NintendoDS・ニンテンドーDSは任天堂の登録商標です。
当サイト(当サイトを構成するテキスト・画像・動画を含みます)の著作権・登 録商標並びその他のすべての知的財産は、弊社又は、そのほかの権 利者に帰属 します。
公衆送信(自動公衆送信可能化を含みます)等することは、法律により禁じられ ています。
※このサイトはInternetExplorer8.0以上推奨になります。